約数の数の求め方

Pocket

昨日、約数の単元の予習をしていたら、テキストにこんなことが書かれていましました。

ある整数Aが、

A=a×a×a × b×b×bと素因数分解されるとき

Aの約数の数は、

(aの数+1)×(bの数+1)になる。

例: 45=3×3×5

3が2個で、5が1個だから、

=(2+1)×(1+1)

=3×2

=6

よって、45の約数は、6個になる

これは、公式で、グリはすぐに覚えました。

公式にあてはめれば、スイスイ解けちゃうんですけどね。

でもね、なぜそうなるかは、わかっていないんですよ。

塾のテキストには、公式の解説が、

なぜか詳しく書かれていないのです。

公式を覚えれば、手っ取り早く、点数は稼げます。

でも、根本を理解させないと、学びにならないと思うんですよ

私は。

そこで、ググってみると、ありましたよ。

非常にわかりやすいページ

↑プロ家庭教師の方のブログです。

子供が理解しやすいよう、丁寧に、説明してくれています。

でもね、これをグリに見せて、一人で理解させようと思ったら、

それだけで30分以上かかると思うんですよ。下手すると1時間位かかりそうです。

他にも課題はあるので、そこだけに時間を費やすことはできません。

家庭教師、お金とスペースさえあれば、お願いしたいわぁ。。。

塾でも、一応質問コーナーがあるのですが、

グリは、恥ずかしがり屋で、「聞けない」みたいです。

根本的に解決したいのは、実はそこが一番なんですけどね(涙)

時間がないので、私が、今晩、説明しようと思います。

昨日のグリの勉強

・算数・・・複雑な計算問題(30分)

 約数、公倍数、公約数(1.5時間)

 

 

   

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

↑ポチ応援嬉しいです!!

PVアクセスランキング にほんブログ村