理科的知識、家庭での会話で取り入れてみた話

Pocket

お疲れさまです。ブログにアクセスいただきまして、ありがとうございます。

明日は、3月3日ですね。

スーパーには、ひな祭りのメニュー材料が、並んでいました。我が家は男の子しかいませんので、ひな祭りに特別な事はしないのですが、見ていたら食べたくなったので、ちらし寿司の素を買って来ました。

桃屋のちらし寿司の素、混ぜるだけで簡単で、美味しいです。

ついでに、お吸い物用に売られていたアサリを購入して、家で砂抜きをしていると、

グリが、横から

「クレヨンしんちゃんで、潮干狩りの話があって、面白いんだよ。」と教えてくれました。

そして、その横から、長男が、

「月の引力が、海の水位の変化に影響してるんだよ。」と教えてくれました。

お母さん、2つとも知らなかったわ。勉強になりました。

先生
先生

日頃の会話の中で、理科や社会、国語(慣用句など)を取り入れて、自然と身につけられるといいですね。

塾の先生は、その様に仰っていましたが、

私、大きな声で言えませんがあんまり、そういう系の知識が、ありませんのよ。

教えられるのは、アサリの酒蒸しの作り方くらいですね。

だから、グリと一緒に作りましたよ。

にんにくと炒めて、酒で蒸すだけ。醤油かけて終わり。

せっかくの機会なので、ググって調べてみました。

Q.貝は冷凍しても口が開かないが、火を通すと口を開くのはなぜですか?冷凍しても死なないのですか?

貝は、蝶番(ちょうつがい)の部分にある靭帯(じんたい)が殻を開こうと引っ張り、
貝柱が貝を閉じようと引っ張っています。生きている貝を熱すると、貝柱の筋肉タンパク質が変成し、殻から離れてしまい、パカッと開いてしまいます。
死んでしまった貝では、貝柱のタンパク質の構造が変わってしまい、熱変成を起こしにくくなり、口が開かなくなります。
貝を冷凍すると死んでしまいますが、貝柱のタンパク質は変化しないので、加熱すると、口が開きます。 参考:名古屋市科学館HP

へぇ〜。これも、知らなかったわ。子供と一緒に勉強になりました。

グリにとっては楽しいお勉強時間だった様です。

昨日のグリの勉強

・算数・・・つるかめ算、弁償残、分数の計算問題(1時間半)

・国語・・・漢字(15分)

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

↑ポチ応援嬉しいです!!




【中学受験専門】個別指導塾ドクター
中学受験専門のプロ講師集団(元SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合った受験学習を個別指導。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です