新小5のテキストに入りました。

Pocket

お疲れさまです。当ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。

昨日は、新5年生最初の算数、国語の授業でした。

算数は、分数の掛け算、割り算からはじまります。

グリは、家で予習をやっていた時はしっかり解けていたのに、授業になると、あれ??どうやるんだっけ?と、わからなくなってしい、パニックになってしまったそうです。

定着させるには、繰り返しがが必要なんだと、つくづく感じました。

分数の計算なんて、割り算のときに逆数をかければいいだけの話ですが、子供にとっては、そもそも分数の概念そのものがつかみにくいですよね。

2分の1 とか、 3分の1あたりの、シンプルな分数なら、イメージできます。

でも、2分の1や、3分の1に対し、

2分の1をかけたり、3分の1でわったりするのって、

意味が、わかりにくくないですか?

さらに、塾での問題ときたら、これですよ。

もはや、意味不明。

いったい、これで何をしたいのでしょうか?

昔私も習いましたが、これが実用的な知識(計算)かと問われると、微妙です。

(まぁ、それを言っては、おしまいですけど。)

深く考えれば考えるほどわかりにくいのが、分数です。

やり方さえ覚えてしまえば、答えを出すのは簡単なのですが・・・。

きっと、あまり、色々と深く考えないほうがいいんのだと思います。

↑ぐりがくれた栞。

昨日のぐりの勉強

  • 塾の授業2時間
  • 漢字15分
【中学受験専門】個別指導塾ドクター
元SAPIX・日能研・四谷大塚の講師が 運営しています。

      

   

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です