分数の約分は気が付きにくい件

Pocket

お疲れさまです。

昨日、息子のグリが通う塾で、小テストがありました。

分数の掛け算、割り算です。

返却されたテスト用紙を見ると、グリはとことん同じ内容で間違えていました。

ミスの内容は、こんなやつです。↓

約分忘れのミスで、100点中、50点。それでもクラスで(1番下のクラスですが)1番いい得点だったらしいです。みんな、ここでつまづくのね。。。

だけど、これ、よくよく考えると、難しいですよ?

特に上の問題なんて、13と、39の最大公約数が13だって、なかなか気がつかないです。

だってまだ、10歳ですよ?

13とか、39っていう数字に、あまり関わりなく生きてきたじゃないですか。

九九でも、登場しない二桁ですしね。

私が10歳の頃、39と言われて思いつくのは・・・。

↑マクドナルドの39セットくらいだったと思います。

確かこれに対抗して、ロッテリアがサンパチトリオ(380円)を作ったんですよね・・・。(こういう記憶はなぜか覚えている)

因みに、サンキューセットは、採算が合わずになくなりましたが、マックのサービス、スマイル0円は未だ存在しています。

↑ウーバーメニューに入っている。

話が脱線しましたが、39(セット)って、私も子供心ながらに、「中途半端な値段だな・・・」と思って記憶があります。

この中途半端な数字こそ、胡散臭くて、約分できるんじゃね?

と気がつけるようになるまでには、まだ若いし、よっぽど天才じゃなきゃ、無理ですよ。

だから、これに関しては、数をこなして覚えていく、ということなのでしょうね。

昨日のグリの勉強

  • 塾の授業(国語・算数)2時間
  • 分数の掛け算割り算 (計算問題)30分

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

↑ランキング参加しています。ポチ応援嬉しいです!!

↑これ、我が家は2年使っています。めっちゃおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です