入塾テスト1発で合格ならず。

Pocket

中学受験勉強は、塾へ通って学ぶ方法と、塾に通わず、通信や市販の教材を使って勉強をする方法があります。

我が家の場合は、塾に通う事を選択しました。グリの性格上、塾通いの方が向いていると思ったことと、プロの講師から直接学べ、わからないところは、すぐに質問できることのメリットは大きいと思ったからです。

いくつかの塾を検索し、最寄り駅から1駅先の塾に決めました。

しかし、こちらが入塾を決めたとしても、入塾テストにパスしなければ、その塾には、入れません。

グリは、特別お勉強ができる方ではなく、学校の成績は、ごく「ふつう」です。

多少の不安はありましたが、「まぁ、普通の成績取れてるし、大丈夫じゃない?」なんて、私も、グリも、気楽に過ごしており、準備もせずに、1度目のテストを受けに行きました。

そして、結果は、不合格(泣)。2度目も不合格(泣)。3回目の試験でようやく合格ラインの点数を取ることができました。

入塾テストは問題用紙、解答用紙共に返却されないため、どのような対策を取れば良いのかわからなかったので、直接担当の先生へ聞きに行くと、「学校の勉強ができていれば合格できるはずです」と言われてしまいました。

先に書きましたが、グリの学校の成績は、「ふつう」です。ということは、「ふつう」じゃダメなんですね。

こちらサイドの感覚では、「普通に勉強ができるならOK」と解釈していましたが、塾サイドの合格基準というのは、学校でほぼ満点取れるレベルということなのです。

グリと私は、「普通に満足」していた甘ったれていた心を入れ替えることにしました。

2度目のテストが行われるまでの2週間、毎日、学校の計算ドリル・漢字ドリルを徹底的に繰り返し復習させました。

しかし、2度目のテストは緊張してしまったせいで、「取れるはずの点数がとれていない」ということが起きてしまったのです。※私は絶対に合格できると確信していたのですが・・・。

塾の先生から聞くところによると、算数で「、「計算上答えが出ているのに、聞かれたことに対して答えていない」そうです。たとえば、金額を問われる問題で、合計金額を出さなければいけないのに、合計し忘れる、など。

こんなに入塾テスト厳しいとは・・・!!※ちょっとくらい、おまけしてくれてもいいじゃん (と思うのは私だけでしょうか)

ケアレスミスをなくせば、受かるでしょうと言われたため、その3日後に再チャレンジ。

そして、3度目の正直。無事入塾テストに合格することができました。

ーー追記ーー 後から聞いたのですが、入塾テストは、点数だけでなく、テスト中の姿勢や、集中力なども見ているそうです。特に、5年生からの入塾はついていくのがきついため、それに耐えられるかどうかを、判断していたらしいです。パスできた時は、先生方から、「おめでとうございます!」と言われました。

やれやれ、m塾に入るだけで一苦労でした。でも、3度落ちたことで、受験勉強に対する意識が高まり、心構えが芽生えました。

2月の新5年生クラスから塾通いスタートするグリ↑遅れをとっている分、がんばろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です