中受失敗した長男高校生留学の話〜フィリピン留学・タイ留学までの道のり〜

Pocket

中学受験に失敗し、落ちこぼれの中学生時代

我が家の長男のコー(現高3)は、過去、中学受験に落ちました。大失敗でした。本人の失敗ではなく、完全に親の失敗です。

一言で言えば、「心構えが甘かった。」のです。

たとえ、落ちたとしても、近所の評判のいい公立で良いだろう、と、滑り止め校を1校も受けさせなかったことが、最大の失敗だったと思います。

受ける学校を1校にしぼり、結果、不合格・・・・。

人生で初めて全否定された気持ちになってしまったコー。

コーが泣く横で、私も泣きしました。

親子で受験の失敗を引きずったまま、なかなか前向きになれず、コーの中学校の成績は、みるみるうちに、落ちていきました。

やる気をなくしてしまったのは、おそらく、精神的なストレスが原因でした。

国際系の高校へ進学→留学

それでもなんとか無事に、国際系の高校へ進学できたコー。

しかし、入学しても、相変わらず毎日ノー勉。今日もノー勉で、あのままだと、おそらく、1年後2年後もノー勉だったでしょう。

いつまで待っても、イエス勉DAYはなかなかやってくる気配はありません。

学校から家に帰ればスマホかゲーム三昧。あまり勉強しろ、とは言いたくないのですが、さすがの私も、「このままでは、マジヤバイだろ」と思い始めました

高1の夏休みに差し掛かる前、とあるテレビ番組で、フィリピン留学特集をしていました。

フィリピン留学は、安く、時差もなく、マンツーマンレッスンでみてくれるので、英語留学初心者にオススメで、今とても人気!という内容でした。

「これだ!」と思った私は、

「夏休みに、フィリピン(セブ島)留学へ行ってみない?」と提案してみました。

当初は全力で嫌がっていたのですが、インターネットで色々なユーチューバーが海外で活躍しているのを見て、日に日に興味が出てきたようです。

そして、高校1年の夏、コーは、フィリピンへ旅立ってゆきました。

その日をきっかけに、コーは変わりました

わずか2週間でしたが、今までの生活になかった刺激を受けたことと、不安やホームシックを乗り越えたことで、大きな自信が生まれたようです。

↑2018年の夏。

帰国してからは、英語で外国人とのコミュニュケーションに興味を持ち、高校で募集していたホストファミリーを引き受けました。

真ん中、ケンタッキー州高校生のアラン君。
抹茶を飲みながら交流

高校2年生では、タイに8ヶ月間留学。

↑タイの高校は毎日お祭り状態。皆、優秀。
↑ホストファミリーと水上マーケットへ

学校の勉強だけじゃない

あの、毎日ノー勉三昧だったコーは、留学、ホストファミリー、ボランティア経験を通し、3年間でたくましく成長しました

今はコーは、毎日勉強をしています。英語、タイ語、読書だけで、学校の勉強はあまり頑張っていませんが・・・。それでもノーベンだったあの頃に比べれば、今はとても生き生きしています。

今後、タイの大学へ進学予定です(コロナでどうなるかわかりませんが・・・)

中学受験に失敗、一度は落ちこぼれ&引きこもり気味になりましたが、コーは立ち直ることができました。

私がここで私が発信したかったのは、受験が全てではない学校の名前がすべてではないということです。

子供の道は、いくらでも、無限に開けているのです。

私が今、三男のグリに、ゆるい中学受験サポートをしているのも、それが理由なのです。

今後も中学受験、ゆるゆるサポーターブログを書き続けていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2019年アユタヤ遺跡にて。(コー16歳)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村