インプットとアウトプットの黄金比

Pocket

人は誰でも、得手不得手があると思うのですが、私は、何よりも、スケジュール作成が、大の苦手です。

頭の中のを、頑張って整理しようとしてもぐちゃぐちゃ。まさに、脳内回路は迷路状態。まるでQRコードのように、ぐちゃっとしたまま、固まってしまっています。

だってね、よくよく考えたら、全く勉強習慣のなかった子が、進学教室の塾に新5年生から通うって、結構無謀なチャレンジなんですよね。

受け取ったテキストを見たら、これも、あれもやらなきゃ・・・って、付箋貼ってたら、付箋だらけになっちゃいました。ほぼ、8割付箋ですわ。

いったい、どこから手を付けたら良いのーーーーーーーー!?

もう、脳内QRコードが「フンガーーーー!!」って爆発しそうです。

スマホのカメラで、私の頭の中のQRコードも、ピコーンって、読み取ることができたらいいのに!!

どうやら、私の脳は、新しい事をインプットするキャパがほとんど無い様です。習い事の曜日さえ、覚えられないのですから、ホトホト自分に呆れてしまいます。

おしゃべり好きで、「ブログ」で発信したり、伝えたりしてばかりいる私の頭の中身は、ほぼアウトプット専門化していると言えるでしょう。

ところで、勉強における、「インプット・アウトプットの黄金バランス」は

インプット3:アウトプット7

だそうです。私、お得意のネット検索で、探ってみると、こんな記事を見つけました。

学校や塾で当たり前となっている「講義を受ける」の定着率は、なんと5%しかありません。その対極にあるのが90%の定着率となる「人に教える・説明する」です。(省略)親は「インプット3に対してアウトプット7」という黄金比率を意識しておくといいでしょう。最高の学習定着が期待できます。しかし、小6になり親があせってくると、空いている時間を授業と家庭教師など、授業のインプットで埋めてしまう方が多くいらっしゃいます。これではアウトプットをする時間がなく、なかなか学習が定着しません。

 受け身では学べないのが私たち。アウトプットするという目標を掲げておくことで、学習効率は飛躍的にアップするのです。

 ダイヤモンドONLINE【中学受験】 学習定着率を 5%から90%に上げる 「魔法のひとこと」より引用

講義(授業)でインプットするだけでは、5%しか定着しないなんて、非常にもったいないですね。

本来、アウトプットするためのインプットなのに・・・。

ネット調査によると、優秀な学生の中には、そのバランスを保つために、SNSやブログを活用する人もいるとか・・・

でも、それは大人には、良い手段かもしれませんが、小学生には少し早い気もします。

子供には、インプットしたことを説明させ、それを聞いてあげる事が一番いい方法なのかもしれませんね。

グリの描いたイラスト。初の通塾でお疲れ気味。。

昨日のグリの勉強

  • 算数(数の分解・円周角 1H)
  • 漢字(20分)

〜我が家で使っているオススメ商品のご紹介〜

↑塾用のペンケース 軽くて、ファスナーも開けやすい。鉛筆も入れられ、たくさん入ります。

↑映像学習用に。非常にしっかりとした作りになっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぺんてる 筆touch サインペン 18色セット XSES15C-18ST
価格:1800円(税込、送料別) (2021/2/6時点)

↑図形の学習の色分けにオススメ。筆タッチで描きやすい(裏に染みるため、裏紙での使用をおすすめ)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ




【中学受験専門】個別指導塾ドクター
中学受験専門のプロ講師集団(元SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合った受験学習を個別指導。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です